ザリガニ・甲殻類の世界

希少種の繁殖累代の情報ブログ

Syntripsa flavichela (ホワイトクロウクラブ)

f:id:alleni:20210310164503j:plain

 

 

 

今回は…

 

Syntripsa flavichela (ホワイトクロウクラブ)

 

のご紹介です。Syntripsa flavichela (ホワイトクロウクラブ)の原産国は、インドネシア・スラウェシ島トゥティ湖です。

 

 

 

 

 トゥティ湖の近くには、マタノ湖が有名だね!

 

 

 

 

 前に紹介したパープルクラブがマタノ湖原産だよ

 

 

 

 

www.crayfish.blog

 

 

このSyntripsa flavichelaは カテマコエンシス(ザリガニ)と同じく保全対象で、この品種は絶滅危惧種<レッドブック>の ENです。

 

 

 

 

www.crayfish.blog

 

 

www.crayfish.blog

 

 

 

 

この品種も早急に、未解明な繁殖方法を確立し国内CB個体を増やす必要があります。

 

 

f:id:alleni:20210310170449j:plain

 

 

Syntripsa flavichela (ホワイトクロウクラブ)はバンパイアクラブとは違い、水棲カニの部類に入ります。それでも脱走の名人なので注意が必要ですね…(苦笑)

 

外見の特徴は、小さなドット柄のある茶色の甲羅・脚は成体になると黒く変わる事もあります。爪は先端部は黒く全体にはクリーム色なのが特徴です。

 

体の大きさは、体長最大で50㎜ぐらい・脚を伸ばせば120mmになります。

 

 

 

f:id:alleni:20210310171841j:plain

 

 

 

飼育水温は高めの26℃~28℃

 

スラウェシ島やマタノ湖原産なので、高度も高めph7.8~8.2・kh5-8

 

その他の生態情報は全くの「不明」

 

カテマコの繁殖と同様に、手探りで繁殖方法を探るしかありませんね…

 

 

 

f:id:alleni:20210310173021j:plain

 

 

 

バンパイアクラブも同様ですが、観賞用の生物は、国内CB個体を考えていかないと乱獲等により 絶滅する危険性があります。

 

 

みんなで「外来種飼育」を末永く楽しむためにも、こちらのブログでは情報公開致しますので宜しくお願い致します。(笑) 

 

 

 

f:id:alleni:20210310174906j:plain

 

☆お願い☆

 

 

 このザリガニブログが暇つぶしになった方、ぜひ読者登録をお願いします~☆

 

 

 

私のメインはフェイスブックでしたが、最近はTwitterがメインに(苦笑)

 

https://www.facebook.com/profile.php?id=100010441157051

 

 

 

f:id:alleni:20200802092032j:plain

 

Twitterもザリガニ・甲殻類の情報を配信しています。

フォローしていただけると嬉しく思います!

 フォロー&読者返しをさせていただきますので~☆

 ↓

 

https://twitter.com/catemacoensis

 

f:id:alleni:20200802092107j:plain

 

生体販売は…

 

ヤフオクでも時々販売していますのでよろしくお願いします。

 

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/nvoxi91755

 

 

f:id:alleni:20200802092347j:plain