crayfish(ザリガニ)の世界

北米種・希少種のザリガニのCB繁殖・飼育のブログ

通常脱皮と抱卵脱皮は違う

最近SNSでおもしろいやりとりを拝見しました…

 

 抱卵個体の脱皮には周期があり脱皮しないぜww

 

 

 ですよねww

 

 

 水換えとか管理悪いからだろww

 

 

 おっしゃるとおりww

 

 

 自作自演ぽいなぁ…

 

 

f:id:alleni:20200212150252j:plain

 

抱卵時の脱皮は通常脱皮とは違うメカニズム

 

ザリガニや甲殻類には、産卵前や抱卵後に脱皮を行う種が多く存在します。

 

抱卵後脱皮は通常脱皮よりも大幅に長い期間で、低水温下では孵化日数は大幅に遅くなる。逆に高い水温下の場合は孵化日数は短縮される。

 

 

抱卵後の脱皮期間は、稚ザリの成長速度に影響される。そして振れ幅は通常脱皮に比べると違いが大きい。

 

 

通常脱皮の場合は水温の変化や内的成長等の速度で脱皮は促進されますが、

 

 

抱卵後脱皮は水温や水質の変化、光量の変化では促進されない

 

f:id:alleni:20180524155242j:plain

アパラチ抱卵個体



 

 眼柄切除でも促進されない

 

抱卵後脱皮は、稚ザリが大きく成長して腹肢から独り立ちした後に発生しますが、まれに抱卵途中で脱皮する事例も存在します。

 

その原因の検証もさまざまな論文等に記載されています。

下記はその一例で…

 

  • 抱卵した卵を人工的に除去しても脱皮期間は短縮されない
  • 抱卵個体の眼柄を切除しても脱皮抑制ホルモンの関与は殆どない

 

「外的・環境的要因では抱卵後脱皮は左右されない」

 

 

抱卵後脱皮は、孵化個体由来の何らかの刺激をうけていると考えられています

 

 

f:id:alleni:20180506131846j:plain

キルビーの有精卵

これは甲殻類の分野の方々が長年検証した事実であります。

 

 

  

 抱卵途中の脱皮は管理上の要因は低いんですね!

 

 

 でも抱卵中はストレスを少なくしましょうね。

 

 

 餌を大量投入して「ざわざわ…」じゃいかんわなぁ…

 

f:id:alleni:20180426171403j:plain

 

今回の一言

「誹謗中傷ありき」の結果論は…

「無意味な議論」

 

f:id:alleni:20180828153122j:plain

フロリダブルー(アレニー)の抱卵

関連記事

 

www.crayfish.blog

 

f:id:alleni:20180501120422j:plain

 

☆お願い☆
 

このザリガニブログが暇つぶしになった方、ぜひ読者登録をお願いします~☆

 

 

 

またTwitterやフェイスブックも、ザリガニ情報を配信していますのでフォローしていただけると嬉しく思います~☆

 

 

フォロー&読者返しをさせていただきますので~☆