alleni・crayfishの世界(ザリガニ)

アレニーやカテマコ等希少種のザリガニの繁殖・飼育・累代の情報ブログ

記載ザリガニ~フロリダブルー・カテマコ・ラマシー・ヒルスタス・シザー・メアゴースト~

ザリガニ(雑種)の累代は遺伝しない?

アメリカザリガニ(clarkii)やアレニーは、様々な体色が販売されています。

自分で繁殖させて販売するのも楽しみのひとつですね…。

でも…綺麗なザリガニを実際購入しても、親と同じ体色にならない場合があります。

販売側もあまり認識していない場合もありますので、注意点を記載してみました。

 

f:id:alleni:20190712212133j:plain

人気の黒ザリガニ



 

雑種とは?

 

 

 

 ザリガニの雑種とは、異なる種や亜種の関係にある個体を交雑(交配させて繁殖させた)されたザリガニ。又系統が異なる個体間の交配も同様に言われる。

 

基本的には近隣種(亜種レベル)以外は交雑できませんが、奇跡的に繁殖できても次世代には繁殖できないことが殆どです。

 

f:id:alleni:20190712194117j:plain

 

近隣種の交雑例

 

 

 

  • アレニーのホワイト・ブルー・ブラウンの交配
  • クラーキーの様々な個体

などなど…

 

f:id:alleni:20190712200703j:plain



雑種強勢の個体に注意?

 

 

 

 

雑種強勢とは、交雑個体 F1(一代雑種=F1)は、両親よりも大きさや体色が優れた個体が一時的に出現する事です。一時期ザリガニ販売でへテロといわれて販売されていた個体ですね…。

逆に遺伝子の相互作用によって弱体化する場合も多いです。

それを雑種弱勢と言います。

 

現在、F1へテロ個体の特性を理解されている販売者が多いので、F1個体の販売は少なくなりました。でもいまだに交雑F1を販売されている方は時々見受けられます。

 

F1個体を販売されるなら、雑種強勢や雑種弱勢を表記されることも大切な部分と当方は思いますが…。

 

 

 

f:id:alleni:20190712204717j:plain

 


 第2世代からが本当の累代?

 

 

 

購入側も上記の雑種特性を理解していれば、次の累代もまたおもしろくなると思います。

 

  • F1個体は 普通に変わった体色や綺麗な個体が多々出現する

 

  • 逆に 特徴がイマイチな個体でも、次世代では化ける可能性は高い

 

F1個体を購入した場合は、選別累代をすれば、すばらしい個体を産出できます。

 

 

f:id:alleni:20190712205840j:plain

 

選別交配は大切?

 

 

 

どんな植物・動物等の品種改良という作業は、必ず選別累代は行います。

 

表現したい特徴がある個体を選別して、その個体を繁殖させる…。

ブリーダーさん達にとっては当たり前の作業ですが…(笑)

 

f:id:alleni:20190712212009j:plain

累代されている黒クラーキー



交雑を有効活用する?

 

 

 

 

アレニーを交雑(ブルー&ホワイト)させて3種の個体を産出させることも、逆にできますね…。

f:id:alleni:20190712212358j:plain

アレニーの交雑F1を親個体とバッククロスさせると…

F2で必ず3色(ブラウン・ブルー・ホワイト)出現します。

 

f:id:alleni:20190712212256j:plain

 

これを選別累代すると固定率の高い 各種個体が産出できますね!

 

f:id:alleni:20190712212510j:plain

 

関連記事

 

 

www.crayfish.blog

 

 

今回のザリガニ広告

 

テトラ (Tetra) テトラウエハーミックス

テトラ (Tetra) テトラウエハーミックス

 

 

☆お願い☆

 

この新設のザリガニブログが暇つぶしになった方、ぜひ読者登録をお願いします~☆

 

 

 

またTwitterもザリガニ情報を配信していますのでフォローしていただけると嬉しく思います~☆

 

 

フォロー&読者返しをさせていただきますので~☆

 

 

たのしいザリガニライフをみなさんと共に~☆