crayfishの世界(ザリガニのブログ)

北米種・カテマコ等希少種のザリガニの繁殖・飼育・累代のブログ

フロリダブルー・カテマコ・ラマシー・ヒルスタス・シザー・メアゴースト・ピグマエウス~

闇商売

ザリガニの偽ネット情報とは?

ザリガニ飼育をしていると「脱皮不全」や「体色問題」など様々な壁にぶつかる場合もたくさんありますね…。 SNS情報等では「カルシウム」や「カロチン」の情報がたくさんあります。 でも…なかなか改善の実感が無い事が多いですね(泣) 中には… 「私益の為の…

都市伝説シリーズ③~落ち葉を食べると色揚げできる…?

SNS情報などで一部のキーパーがよく連発する言葉… 「色揚げ」 「効果」 「ある」と強調するほど…実際は…(笑) 最近では… ケンミジンコとタマミジンコの 「食性の違い」も理解でき… ゲホン ゲホン…。 www.crayfish.blog さて… 今回は「カロチン」をザリガニに与…

都市伝説シリーズ②~アスタキサンチンを餌に…?

前回に続き、まだまだ都市伝説はたくさんあります… 今回は甲殻類に含まれる 「アスタキサンチン」の話です。 海老などが含まれる餌をあげると… 「赤くなる」や「色揚げになる」 という話をききますが… 「ザリガニは違うよぉ…」と言うお話です(笑) 体内での…

都市伝説シリーズ①~ 白ザリガニはすべてアルビノ?

今年も残り2ヶ月余りとなりましたが、ザリガニの体色の話も様々な情報がありましたね…。 でも一部では令和になっても相変わらず古い情報も… 「カロチン」や「アルビノ」の都市伝説 もありましたが…(苦笑) 近年ではザリガニの飼育時に、アナカリス等の水草…

近親交配(インブリード)は重要である

ザリガニ飼育の醍醐味は繁殖や品種改良ですね! 生物の飼育やザリガニ飼育等でインブリードは「悪」と言う固定観念が存在します。意味も理解できていないのに「品種交配」を語ったSNSや個体販売している方も存在します。 今回は「選別」「累代」の基本を記載…

ザリガニは絶滅危惧種…?

現在いろいろな品種のザリガニが繁殖されて流通しています。 「輸入規制の法律」や「規制前からの流通品種」等は前回記載しました…。 www.crayfish.blog 放流問題・外来種問題・密輸・乱獲問題… ザリガニだけじゃなく、生物の飼育には様々な問題があります。…

ザリガニの流通種は少ない?

近年では、SNSやネット情報がとても活用されて ザリガニ等の情報交換も盛んに行われています。そして情報がオープンになる事によって、偽情報や偏った情報操作も明確になっていましたね…(笑)ちょっと昔にはザリガニの「血液の色」や「日焼け」など様々な情…

ザリガニの品種と体色の正確性は?

最近黒系ザリガニを追加飼育しはじめました。 「シザー」や「ブラックキング」、「ゴースト」や「ナイトメア」などクラーキーの品種は様々販売されています。 近年のブリーダーさんの品種改良努力は、とても素晴らしいですね! ザリガニの飼育や繁殖が盛んに…

ザリガニ(雑種)の累代は遺伝しない?

アメリカザリガニ(clarkii)やアレニーは、様々な体色が販売されています。 自分で繁殖させて販売するのも楽しみのひとつですね…。 でも…綺麗なザリガニを実際購入しても、親と同じ体色にならない場合があります。 販売側もあまり認識していない場合もありま…